歴史の賜物

風水とは中国の長い歴史の中から生み出された知識です。
風水では地形や方角がその場所に及ぼす影響について統計的に把握しよう、それを応用して町を作ろうとした中国の学問です。
たとえば京都の平安京は風水にしたがってあの場所に作られた町なんだそうです。
では、現代での風水というのはどういったことに利用されているのでしょう?日本では風水インテリアなど一般的になっているきていると思います。
風水はその場所の、あるいはそこに居る人の運気を高めるための生活術とし、住んでいる部屋のインテリア風水の考えにしたがって整えることが運気アップにつながるという考えです。
風水インテリア術では実際にどうやってインテリア風水を上手く組み合わせて考えていけばいいのか?から知りたがりますが、まず基本的な考え方を説明します。
それが五行です。
五行というのは万物が木、火、土、金、水の五つに分類できるという考え方です。
風水インテリアは家具や装飾品をその概念に当てはめて分類し、家や部屋に良い組み合わせを見つけることから始まります。
風水インテリアでは四季の変化に応じて家具の配置を換えたりもします。
これは四季それぞれの温度や風向きを考えてのことだそうです。
風水で部屋の中の的確な色や配置を考えることで、住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。
風水インテリアの効果を最大に出すのは実は気持ちの持ちようなのかもしれませんね。




RSS関連リンク


円天然石風水福袋、風水インテリアに興味


概要無し



仕事運上、風水風水インテリアを知


概要無し


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。